細い短毛や先の尖った抜け毛には要注意

細い短毛や先の尖った抜け毛が多くなっていませんか?
このような人は特に注意する必要がありますが、主な原因としては2つあります。

 

 

一つ目は、ヘアサイクルが通常より短くなっていることで、髪の成長期が短縮して自然に抜ける場合。二つ目はまだ成長して伸びる状態なのにシャンプーやマッサージなどで、新しく生えてきた新生毛を引きぬいてしまっていることです。

 

 

これを自分で確認するには、自然に抜けた毛の毛根と無理に引き抜いてしまった時の毛根の形状が違うことから比較的簡単に出来ます。
先の丸い滑りの良いブラシを使って髪を梳かしてみて、細い短毛や先の尖った抜け毛が多い場合は、へサイクルが乱れて短縮していると言えるでしょう。

 

 

また、シャンプー時に排水口に目の細かいネットを張って抜け毛を集めて見て、綿毛のような細い抜け毛などが多い場合は、シャンプーのやり方が間違っていて、新しく生えてきた毛を抜いていることが多いでしょう。

 

 

そして、このような新生毛などの細い毛は、しっかりと着いていないので、通常の太さの髪の毛の一本を引き抜くのに少なくても60gの力が必要なのですが、その四分の一程度の15gくらいの力が掛かっただけでも簡単に抜けてしまうこともあります。

 

 

ただ、抜け毛が多いからと、排水溝に溜まったものや洗髪時に指に絡みつく抜け毛を気にしすぎるのは良くありません。
あくまで抜けることを気にするよりも、髪の毛を細くさせないように気をかけることです。

 

 

これは若い人も同じで、まずは現在以上に薄くならないようにしましょう。
額の後退や抜け毛を予防するには髪の毛は頭皮が変化したものであるということを意識して、頭皮の状態を正常にすることが大切です。

 

 

なお、不幸にして髪が薄くなったり、突然脱毛が起こリ始めたなら、現在の状態を正しく把握して、それぞれの脱毛原因を少しでも取り除くことです。
毎日の食事に注意を払って健康を維持して、精神面も安定させて、専門家の適切なアドバイスを受けて行っていれば、少なくてもハゲの進行はかなり食い止めることができますし、髪が生えてくることさえ不可能ではないでしょう。

 

 

50,000人を発毛させてきたシンプルで簡単なサイエ式発毛育毛法とは!

 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛DVDの詳細を見てみる